PAGE TOP

Takipedhia

絵画教室<こまごめ絵画クラブ>のご案内

絵画教室<こまごめ絵画クラブ>のご案内

ちょっと読む
Staff-Oh

 北区昭和町にお住まいの方が2017年7月に<こまごめ絵画クラブ>を設立し、駒込駅付近で絵画教室を主宰されています。その絵画教室をご案内します。 内 容: 油絵、水彩画、デッサン、パステル、色鉛など。 同一モチーフで複数で制作することも...

続きを読む

 12月15日《みんなで歌おうメリークリスマス》のご案内 

 12月15日《みんなで歌おうメリークリスマス》のご案内 

ちょっと読む
Staff-Oh

■日 時: 平成30年12月15日(土)13:30開場 14:00開演■場 所: 田端区民センター(2階ホール) JR田端駅北口(池袋・大宮寄り出口)徒歩10分 駒込駅から北区のバス(田端循環)で区民センター下車 https://www...

続きを読む

大正12(1923)年9月1日

大正12(1923)年9月1日

ちょっと読む
Staff-Oh

 滝野川界隈の関東大震災がいかなるものであったか、残されている文章から抜粋をしてみる。 まず、公式記録ともいうべき「滝野川町誌」(昭和6年刊)では、  この日、東京では前夜來多少の風雨が断続的にあつたが、氣温は平年よりも高くて、盛夏の...

続きを読む

大字・小字(滝野川町と巣鴨町)

大字・小字(滝野川町と巣鴨町)

ちょっと読む
Staff-Oh

旧滝野川町の字名、大字瀧野川: 飛鳥山前、逆サ川前、東大原、大原嵯峨、馬場、西大原、小原、押外戸、谷津、宿、御代之臺、宮ノ下鴻ノ巣、鴻ノ臺、東三軒屋、西三軒屋、南谷端、北谷端大字西ヶ原: 殿ノ上、東谷戸、前谷戸、向原、西谷戸、上ノ台、第...

続きを読む

十条跨線橋

十条跨線橋

ちょっと読む
Staff-Oh

十条跨線橋は、東十条駅南口にある跨線橋。 十条跨線橋は、明治 28 (1895) 年に架設された東北線旧荒川橋梁の四連トラス橋(複線100feetポニーワーレントラス(Warren truss)構造橋、英国コックレーン社製)の一連を昭和...

続きを読む

9月29日「懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会」のご案内

9月29日「懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会」のご案内

ちょっと読む
Staff-Oh

◆日時: 平成30年9月29日(土)13:30開場14:00開演◆場所: 田端区民センター(2階第一ホール) ☆JR田端駅北口(池袋・大宮より出口)徒歩10分 ☆駒込駅から北区のバス(田端経由)で区民センター下車◆お申込み先: TEL ...

続きを読む

田端駅の金魚池

田端駅の金魚池

ちょっと読む
Staff-Oh

  田端駅構内にある金魚池。昭和45年ごろ、旧国鉄職員が高い石垣の下が暗く、少しでも明るくしようと自費で作ったことにはじまる。擁壁の耐震化工事のため金魚を引っ越し、工事終了後池を復旧するかは未定という。産経ニュースWEB版(2018.1...

続きを読む

富士見橋

富士見橋

ちょっと読む
Staff-Oh

 富士が見えた坂は、富士見坂、橋から富士が見えれば富士見橋。人は富士が見えれば富士見< >と名付けた。 田端に住んでいた室生犀星は富士山と云う次の様な詩を読んでいる。その詩集の序文末尾には「大正11年1月21日 田端にて」とある。富士山...

続きを読む

宮本百合子が見た谷田川

ちょっと読む
Staff-Oh

 宮本百合子が戦後子供の頃見た谷田川の風景を回想している文章がある。 田端の高台からずうっとおりて来て、うちのある本郷の高台へのぼるまでの間は、田圃だった。その田圃の、田端よりの方に一筋の小川が流れていた。関東の田圃を流れる小川らしく、...

続きを読む

谷田川の橋

谷田川の橋

ちょっと読む
Staff-Oh

 谷田川(谷戸川)は暗渠化されるに従い、これまで生活に欠かすことのできなかった橋は、当然のごとく不要となります。橋がなくなり橋につけられていた名前も忘れ去られました。今に交差点名としてかろうじて霜降橋・谷田橋・藍染橋などが残されています...

続きを読む

江戸時代の谷田川

江戸時代の谷田川

ちょっと読む
Staff-Oh

 新編武蔵風土記稿や御府内備考などに記された谷田川に関する記述を上流側から順次抜き書きすると以下のようになります。新編武蔵風土記稿・御府内備考は、江戸後期に江戸幕府が編集した地誌です。<上駒込村>の項 ※2谷戸川 北境西ヶ原村の接地に流...

続きを読む

芥川龍之介記念館建設の話

芥川龍之介記念館建設の話

ちょっと読む
事務局

2018年6月、北区が芥川龍之介旧居跡地に記念館を建設するという話が持ち上がりました。詳しくは北区のサイトを参照してください。http://www.city.kita.tokyo.jp/koho/kuse/koho/hodo/p...

続きを読む

ホームの上屋

ホームの上屋

ちょっと読む
Staff-Oh

 滝野川界隈のJRの京浜東北線・山手線の駅には、舶来のレール材が使われているホーム上屋を多く見ることができる。 レールの生産は、1901年(明治34年)に官営八幡製鉄所が操業を開始し、国産レールの生産が始まったが、自給体制が確立する昭和...

続きを読む

道灌山隧道

道灌山隧道

ちょっと読む
Staff-Oh

山手線の駒込駅-田端駅間にあったトンネル。総延長12m。現在埋め立てられている。田端中学校前の法面にわずかに抗門の肩の部分が地表にあらている。 ...

続きを読む

「千川上水とは」どのようなもの?

ちょっと読む
Staff-Oh

 先日の「千川上水 まち歩き 北区編」で案内人を務められた秋山(JIA城北)さんから千川上水に関する投稿が寄せられましたので以下に掲載します。「千川上水とは」どのようなもの?   「千川上水を見た」記憶があります。昭和30年小学二...

続きを読む

蒔田鎗次郎(まいだそうじろう)

ちょっと読む
Staff-Oh

 1902(明治35)年1月、豊島線(現・山手線)が着工した。田端から駒込へ抜けるために田端道灌山(田端西台通り)が切り崩され、切通しがつくられた。それに先立つこと6年前、1896(明治29)年3月、蒔田鎗次郎は自宅の庭のゴミ捨て場の穴...

続きを読む

懐かしい歌を唄う会 入会のご案内

懐かしい歌を唄う会 入会のご案内

ちょっと読む
Staff-Oh

当会のメンバーである小林さんは、標記の「唄う会」を主宰されています。「唄う会」では、次の通り会員を募集中です。関心のある方はご連絡ください。<懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会 入会のご案内>☆この会は明治・大正・昭和時代に唄われた日本・世...

続きを読む

アクセスランキングのトップテン

ちょっと読む
Staff-Oh

 昨年(2017年3月)より第2期の滝野川探検隊のホームページをリニューアルオープンしました。この間、アクセスいただきありがとうございます。この1年間のアクセス数を調べたところ、2018年3月21日現在では、タイトル数が68件でアクセス...

続きを読む

瀧野川五大尊

ちょっと読む
Staff-Oh

昭和初期まで旧滝野川町地区にあった5大不動尊。中央大日大聖不動明王東方降三世夜叉明王西方大威徳夜叉明王南方軍茶利夜叉明王北方金剛夜叉明王滝野川町誌には、荒玉永道町村組合の項に以下のように書かれている。瀧野川も、ずつと逆つて今から二十五六...

続きを読む

江戸のうちとそと

ちょっと読む
Staff-Oh

 1818年以前の江戸は、行政機構のそれぞれの役割に応じて範囲が決まっており、次のようにいわゆる江戸の範囲は複雑に入り組んでいた。1. 町奉行が支配の対象とする江戸江戸の町人地に限定。町人地の発展とともに、外延へ拡大。2.寺社勧化場とし...

続きを読む

三河アララギ3月号 平成30年

三河アララギ3月号 平成30年

ちょっと読む
事務局

われら探検隊メンバー今泉さんより3月号をご紹介いただきました。その中に、千手観音菩薩をお題として、  千の手と千の眼をもたれゐる観音菩薩を彫りし仏師を  私の住みゐる地球の影にしてわずかわずかに欠ける満月歌われています。...

続きを読む

3月30日懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会

3月30日懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会

ちょっと読む
事務局

我ら滝野川探検隊メンバーの重鎮、小林夫妻企画のご案内をします。平成30年3月30日午後1時15分より、田端区民センターで、タイトルのように懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会が開催されます。お時間のある方は、下記に添付のチラシを参考の...

続きを読む

三河アララギ2月号、平成30年

三河アララギ2月号、平成30年

ちょっと読む
事務局

滝野川探検隊のメンバーである今泉さんは長年にわたり本冊子を編集、発行されています。最新号をご紹介頂きました。http://imaizumiyuri.jp/mikawa/back_no.html人は新しい出会い、発見すると、知りた...

続きを読む

王子に生まれて

王子に生まれて

ちょっと読む
Staff-Oh

標題は「王子に生まれて」副題は「初午、きつねの行列、飛鳥山花見、浮世絵の面影の残る街」です。著者は石鍋秀子さん。大正13年生まれで王子稲荷参道の葛餅屋さんの長女として生まれたそうです。子供の頃よりの何気ない日常を平易な文章でつづられてお...

続きを読む

縄文人の一生・西ヶ原貝塚

縄文人の一生・西ヶ原貝塚

ちょっと読む
事務局

平成29年10月24日ー12月10日の会期で、飛鳥山博物館にて 縄文人の一生-西ヶ原貝塚に生きた人々- と題して企画展が開催されています。無料ですので、是非ご見学下さい。滝野川の地元で連綿と営み続け、埋葬などの視点でも捉えられて...

続きを読む

三河アララギ8・9月号

三河アララギ8・9月号

ちょっと読む
事務局

滝野川探検隊のPCスキルアップ教室は8月が夏休みで、メンバーとお会いできませんでした。9月に入り、お会いでき、メンバーの今泉さんより三河アララギの8月、9月号を頂きました。それぞれキーワードは電波、河原撫子です。2首ほどご紹介し...

続きを読む

❝名のみ美しき溝渠、もしくは下水❞

ちょっと読む
Staff-Oh

 永井荷風は「日和下駄」(1915年・大正4年)で東京の<水>を論じている。水のありようを5つに分類し、王子の音無川(石神井川)と根津の藍染川(谷田川)を取り上げている。音無川は、細流(さいりゅう)。藍染川は、❝名のみ美しき溝渠(こうき...

続きを読む

懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会

懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会

ちょっと読む
Staff-Oh

会のパソコン教室に参加されている小林さんから、次のような案内を頂きました。お気軽にお問い合わせください。◇日時: 平成29年10月13日(金)開場 1:30 開演 2:00◇場所: 田端区民センター(2階第1ホール)◇内容: 第1部 み...

続きを読む

三河アララギ7月号とワイン

三河アララギ7月号とワイン

ちょっと読む
事務局

我ら隊員の今泉由利さんより、三河アララギの7月号を頂きました。季節柄、ワインを愛する歌を4首選ばせて頂いたところ、余りにも食欲をそそる歌になってしまいました。一言にテロップのように流れます。事務局:江上 ...

続きを読む

ぶらり 中山道-歴史・文学散歩

ぶらり 中山道-歴史・文学散歩

ちょっと読む
Staff-Oh

豊島区史編纂委員だった伊藤榮洪氏の著作。文字通りこの本を携えて、染井・駒込・巣鴨の界隈散歩ができる。...

続きを読む

美は乱調にあり

美は乱調にあり

ちょっと読む
Staff-Oh

 29歳のみじかい生涯を終えた伊藤野枝の評伝小説である。伊藤野枝の生い立ちから筆を起こし、登場人物は、平塚らいてう、辻潤、神近市子、大杉栄・・・である。舞台は、巣鴨、駒込、染井、中里、田端が多く登場する。 ...

続きを読む

北区の歴史 はじめの一歩

北区の歴史 はじめの一歩

ちょっと読む
Staff-Oh

東編と同じく、まさしく、滝野川西地区の歴史を知るはじめの一歩。滝野川西地区は、滝野川・西ヶ原・上中里・田端。意外と知らないことが多いと気付かされる。見開き1項目で見やすい。編集・発行は北区中央図書館。執筆者は、黒川徳男氏、穂垣孝之氏。平...

続きを読む

北区の歴史 はじめの一歩

北区の歴史 はじめの一歩

ちょっと読む
Staff-Oh

まさしく、滝野川東地区の歴史を知るはじめの一歩。滝野川東地区は、堀船・栄町・昭和町・田端新町・東田端・上中里。意外と知らないことが多いと気付かされる。見開きで1項目で見やすい。編集・発行は北区中央図書館。執筆者は、黒川徳男氏、穂垣孝之氏...

続きを読む

新編 昭和二十年東京地図

新編 昭和二十年東京地図

ちょっと読む
Staff-Oh

「昭和二十年地図」1986年「続・昭和二十年地図」1987年を再編集してちくま文庫として1992年に発刊されている。茶者は文 西井一夫、写真 平嶋彰彦。昭和20年前後の東京を描いている。「其の八 下谷・三河島・王子」の章に滝野川中里住ん...

続きを読む

田端文士・芸術家村と女たち

田端文士・芸術家村と女たち

ちょっと読む
Staff-Oh

 本書は、1996年9月に発行されている。こういった本には珍しく編者は北区総務部女性政策課となっている。北区では1991年「女性行動計画」を策定しその一環として企画されている。94年に区民から公募された編纂委員が学習・聞き書き・執筆まと...

続きを読む

千川上水 まち歩き 北区編(報告)

ちょっと読む
Staff-Oh

さきにお知らせしました「千川上水 まち歩き 北区編」に参加しました。滝野川探検隊からは、4名の参加がありました。千川上水・分水、逆川を辿る今回の街歩きは、以下の行程で行われました。なお、この団体(公益社団法人)は、今後、千川上水の練馬区...

続きを読む

三河アララギ六月号(2017)

三河アララギ六月号(2017)

ちょっと読む
事務局

今泉由利氏主宰、三河アララギ6月号より、一言へ四首をアップさせて頂きました。 ...

続きを読む

種屋街道(たねやかいどう)

ちょっと読む
Staff-Oh

 旧中山道を巣鴨から北上し、明治通りを越えたあたりから滝野川三軒家(北区滝野川六丁目)は「種屋街道」と呼ばれていました。この地でカメラ店を営んでいた榎本氏が、平成16年(2004)当時の種屋街道を調べ記録されマップとして整理しています。...

続きを読む

千川上水 まち歩き 北区編

千川上水 まち歩き 北区編

ちょっと読む
Staff-Oh

千川上水 まち歩き 北区編 ~午後2時~5時半までの 見学・まち歩きコースです~    旧千川上水をたどる行程4キロほどです。1時間半もあれば到着します。尾根筋を緩やかに流れていた千川上水のように緩やかに歩け...

続きを読む

山﨑菊次郎

ちょっと読む
Staff-Oh

 1932年(昭和7)、山崎菊次郎(1914(大正3)年~1937(昭和12)年在任)は瀧野川区(現・北区)瀧野川尋常高等小学校の校長に就任し、新教育を実践した。 山﨑は、1883 ( 明治16)年、埼玉に生れ、1906年( 明治39)...

続きを読む

駒込神明町

ちょっと読む
Staff-Oh

 現在の町名は、本駒込。昭和41年(1966)までこの町名はあった。駒込の総鎮守である天祖神社の旧称である神明社から名づけられている。かつてこの街には三業地があった。佐多(田島)稲子が女給をしていたというカフェ紅録もこの神明町にあった。...

続きを読む

ふるさと染井・駒込歴探訪 第48話

ふるさと染井・駒込歴探訪 第48話

ちょっと読む
Staff-Oh

◆発表の風景◆◆休憩時間も張り出された地図を前に熱心に質疑応答◆◆レジメ◆ ...

続きを読む

街歩き「国分寺・府中」

街歩き「国分寺・府中」

ちょっと読む
Staff-Oh

「夢の府中・国分寺ツアー」@府中・国分寺◆日時: 2016年7月24日◆行程: 府中駅→大国魂神社→武蔵国の国衙跡→(昼食)→府中本町駅→西国分寺駅→国分寺跡→万葉植物園→おたカフェ→国分寺資料館→(殿が谷戸公園)→国分寺駅◆昼食: 美...

続きを読む

平塚らいてう

ちょっと読む
Staff-Oh

「元始、女性は太陽であった。」と高らかに宣言をした平塚らいてうは、1886年(明治19年)2月10日、東京府東京市麹町区土手三番町(現在の東京都千代田区五番町)に3人姉妹の末娘、平塚明(ひらつかはる)として生まれた。実家の本駒込曙町時代...

続きを読む

パソコン教室のご案内

ちょっと読む
Staff-Oh

滝野川探検隊では、ボランティアによるパソコン教室を次の通り行っています。●インターネットの見方がわからない。●メールがうまく使えない。●スマートフォンを持っているがうまく使えない等 でお困りの方ご参加ください。日時: 原則、毎週木曜日、7時...

続きを読む

三河アララギ主宰 今泉由利さん

三河アララギ主宰 今泉由利さん

ちょっと読む
事務局

数年前よりIT同好会、滝野川探検隊のメンバーとして参画されいます、今泉由利さんはご両親の跡を継いで、和歌・俳句の三河アララギを主宰されております。毎月、歌集・三河アララギを編集、出版されています。HPでも公開されています。htt...

続きを読む

谷田川改修二関スル請願書

ちょっと読む
Staff-Oh

滝野川町長は「谷田川の改修」に関し東京府知事に対して請願を行っている、昭和5年6月のことである。 谷田川改修二関スル請願書 源ヲ巣鴨町及西巣鴨町二發シ本町大字西ヶ原、中里及田瑞ヲ貫流スル谷田川ハ近来其ノ両岸商衙住宅地卜化シ之ヨリ放流スル...

続きを読む

谷田川遺構-谷田川が残したものー

谷田川遺構-谷田川が残したものー

ちょっと読む
Staff-Oh

かつて、染井の長池より発していた谷田川が現在に残したものをたどります。●長池跡:写真奥のくぼ地。谷田川の水源とされる。●石橋欄干(慈眼寺門前)慈眼寺に残されている不染橋。「大正5年冬成」と刻まれている。●下水道谷田川幹線(染井銀座通...

続きを読む

生産品展覧会

ちょっと読む
Staff-Oh

昭和7年8月、滝野川町制20周年記念として、滝野川尋常高等小学校・滝野川町役場の2か所にて行われた。「滝野川町誌」(昭和8年)をみると、第一会場は30余の教室を使い、町所産の各種工業製品が展示され、第二会場には、美術・工芸品が展示されて...

続きを読む

鉄拐(てっかい)堂

ちょっと読む
Staff-Oh

染井にあった藤堂家の下屋敷・抱え屋敷の庭園にあった石像(11体と言われている)を集めた堂。またの名を仙人堂という。本郷高校の隣に昭和の終わり近くまで怪異な石像が残されていた。石像の8体は、現在は板橋区の東京大仏乗連寺境内にある。参照文献...

続きを読む

昭和初期の谷田川

ちょっと読む
Staff-Oh

1926年生まれの建築評論家の川添登氏は、小学校1年で西巣鴨に引っ越すまで、染井稲荷の付近に生まれ住んでいた。こどもの頃の思い出として谷田川のことを以下のように綴っている、 駄菓子屋の前の道をさらにすすむと谷戸川にぶつかり、川に沿って下...

続きを読む

曾我廼家 五九郎(そがのや ごくろう)

ちょっと読む
Staff-Oh

日本の喜劇俳優。本名は武智 故平(たけち こへい)。田端の谷田川沿いに居住した。上田端八幡神社には曾我廼家五九郎氏寄進の石垣が残されている。 以下、Wikipediaによると、1876年(明治9年)4月12日、徳島県吉野川市鴨...

続きを読む

王子三業地

ちょっと読む
Staff-Oh

明治時代以降、王子周辺に設けられた会社や工場、軍の関係者で王子の盛り場を支え、大正時代には、王子の料理屋街は二業地として大いに賑わっていた。昭和3年(1928)、王子二業地は東京製絨(せいじゅう)会社の跡地(現豊島一丁目)への移転を機に...

続きを読む

辻潤(つじじゅん)

ちょっと読む
Staff-Oh

 ダダイストと呼ばれた辻潤は、著作の「ふれもすく」(※3)によると「少年の時分から染井が好き」であったことが記されている。また上野高等女学校の教員をやっていた頃は、「山の手線が出来始めた頃で、染井から僕は上野の桜木町まで通っていたのであ...

続きを読む

逆川

ちょっと読む
Staff-Oh

逆川はその名通り、旧石神井川の流路を地形の高低差に逆らい石神井川に流れていた。 「川の地図辞典」には次のように書かれている。水源とされているところは、道音坂を降り切った崖付近である。 逆川(さかさがわ)[北区]【30...

続きを読む

逆川の流路の標高を計ってみた

ちょっと読む
Staff-Oh

逆川の流路と思われるカ所を国土地理院地図で標高を計測した。 No.2と3が水源と推測されるところ、NO.6と7の標高の逆転は、 明治通りの道路工事や醸造試験場の宅地造成による影響と推測される。 ...

続きを読む

滝野川園

ちょっと読む
Staff-Oh

正受院(北区滝野川)の西隣にあった行楽地。正受院は江戸名所図会で広く知られる不動の滝があったお寺です。それに隣接してありました。「北区こぼれ話」では、『明治東京名所図会』下巻の「北郊(ほっこう)の部」の記事を紹介しています。滝野川の「滝...

続きを読む

長池-谷田川の水源

長池-谷田川の水源

ちょっと読む
Staff-Oh

江戸期の谷戸川(谷田川)の水源と言われている池。江戸期の切絵図において、御薬園・藤堂家屋敷から川が流れ出ている様子がうかがえる。染井霊園管理事務所設置の案内看板があった。その看板の説明文には長池は、かつての谷戸川の水源にて、古地図(安政...

続きを読む

藪忠(やぶちゅう)

藪忠(やぶちゅう)

ちょっと読む
Staff-Oh

昭和初期に滝野川区中里にあった手打ち蕎麦屋。主人は村瀬忠太郎と言い。「蕎麦通」(四六書院・昭和5年)の著作がある。 昭和8年の「東京写真案内」に次のような記述がある。「・・・ところが、悲しいかな、この大東京に手打ちそばと称するものが、...

続きを読む

谷田川の流路の標高を計ってみた

ちょっと読む
Staff-Oh

国土地理院のサイトで<地理院地図>というものがある。そのWEBの地図上で標高や距離が計測できる。旧谷田川の流路と推測されるポイント辿って標高を計ってみると次表のようになる。水源と言われている旧長池跡から不忍池までの落差は、おおよそ16....

続きを読む

旧石神井川の変流

ちょっと読む
Staff-Oh

 現在の石神井川は、小平市花小金井南町の小金井カントリー倶楽部・小金井公園付近を水源に石神井公園の脇を通り板橋・王子を抜け隅田川に合流している。しかし、かつては、石神井川は、現在暗渠となっている谷田川を通り不忍池に落ちていた。 なぜこの...

続きを読む

ひよどり

ひよどり

ちょっと読む
Staff-Oh

旧谷田川の谷を挟む斜面地は石神井川河畔、旧古河庭園、無量寺、飛鳥山、染井霊園などに緑が多く残されている。野鳥がその緑の塊をたよりに、我が家の2階のテラスにも飛来してくる。 ...

続きを読む

懐かしの歌をピアノ伴奏で唄う会

懐かしの歌をピアノ伴奏で唄う会

ちょっと読む
Staff-Oh

標記の会が次の通り行われます。記日時: 平成29年4月7日(金) 13:30 開場 14:00 開演場所: 田端区民センター問合先: 唄う会 (当ホームページ問合先にお送りください) ...

続きを読む

街歩き「目白文化村」

街歩き「目白文化村」

ちょっと読む
Staff-Oh

「目白文化村ツアー」@新宿区2016年11月27日、6名の参加者を得て行われました。コースは、林芙美子旧邸→佐伯祐三アトリエ→下落合弁財天(横穴墓)→薬王院→野鳥の森公園→おとめ山公園→学習院初等科寮(現日立目白クラブ)→中村彜アトリエ...

続きを読む

リンク-隊員・仲間たちのブログなど-

リンク-隊員・仲間たちのブログなど-

ちょっと読む
Staff-Oh

リンク-隊員・仲間たちのブログなど-◆スタッフのブログmanicさんの「manic? everyday」mikoの ”why!what!when!”滝野川探検隊員のブログ平成の寅彦さんのブログ 「TripleB Consulting」K...

続きを読む

花に囲まれた渋澤栄一翁

花に囲まれた渋澤栄一翁

ちょっと読む
Staff-Oh
街歩き川越ツアー

街歩き川越ツアー

ちょっと読む
Staff-Oh

街歩き川越散策2016年5月9日、10名の参加を得て行われました。コースは、喜多院→川越城→新河岸川→氷川神社→はるり銀花→はるりkinumo→studio羽65→和ろうそく→Banonでした。 喜多院でのボランティアガイドさ...

続きを読む

東京の原風景

東京の原風景

ちょっと読む
Staff-Oh

「東京の原風景-都市と田園との交流-」(川添登・NHKブックス・昭和54年)この本の「序 都市文化としての花」には、次のような記述がある。「・・・このように優れた花の文化をつくりだした園芸植物の最大のセンターは、桜のソメイヨシノで知られ...

続きを読む

街歩き川越ツアー(2)

街歩き川越ツアー(2)

ちょっと読む
事務局

2016年5月9日川越散策で喜多院の五百羅漢を見学できましたが、お酒を酌み交わす、 按摩をしてもらっている姿など、俗っぽくていいですね。お酒は美味いねマッサージは眠くなるね ...

続きを読む

田端駅山手線切通し

田端駅山手線切通し

ちょっと読む
事務局

Twitterで非常に珍しい写真が紹介されていました。 田端中近くの山手線切通し工事です。 山手線は明治36年の開通ですからよれより数年前の事だと思います。   添付写真の出所、twitte...

続きを読む

馬込文士村の散策

馬込文士村の散策

ちょっと読む
Staff-Oh

2014年11月8日、馬込文士村を訪ねて大田区馬込・大森界隈へ地元の約10数名の方々をご案内しました。  コースは、西馬込駅→大田区郷土博物館→熊谷恒子記念館→尾崎士郎・宇野千代旧居あと→龍子記念館→片山広子旧居あとなどなど...

続きを読む

谷中安規(たになかやすのり)

ちょっと読む
Staff-Oh

1897(明治30)奈良県で生まれの1930年代に活躍した版画家。戦後間もなく栄養失調により北区中里で死亡しているところを発見された。谷中はそのような新東京を風船のように放浪し、大都市の様相に幼少期の記憶や生活の理想などを重ね合わせて、...

続きを読む

田端西台通遺跡

田端西台通遺跡

ちょっと読む
事務局

これも7年前のマイブログからですが、旧滝野川第一小先の縄文、弥生、古代(田端八幡神社は小さな古墳の後を杜としたそうです)田端西台通遺跡見学です。写真集としてご覧ください。http://e-bbb333.com/tripleB/a...

続きを読む

怪傑ハリマオ

ちょっと読む
Staff-Oh

怪傑ハリマオは、1960年4月5日 - 1961年6月27日まで日本テレビ系ほかで放送されていた日本のテレビ映画。ハリマオ役の勝木敏之さんが駒込小学校近くに住んでいるという噂があった。 ...

続きを読む

田端遺跡の水溝

田端遺跡の水溝

ちょっと読む
事務局

2010年5月のマイブログの記事ですが、旧滝野川第一小・現田端小前の遺跡見学です。http://e-bbb333.com/tripleB/archives/167koji ...

続きを読む

勉強会「失われた川/谷田川」

勉強会「失われた川/谷田川」

ちょっと読む
Staff-Oh

勉強会「失われた川/谷田川」について@巣鴨地域文化創造館2015年12月5日、「失われた川/谷田川-今はなき谷田川の流れと下流域の地形と文化について-」と題して「巣鴨庚申塚まちづくりを考える会」主催の勉強会でかつて染井(現・駒込)を流れ...

続きを読む