PAGE TOP

美は乱調にあり

美は乱調にあり

ちょっと読む
Staff-Oh

 29歳のみじかい生涯を終えた伊藤野枝の評伝小説である。伊藤野枝の生い立ちから筆を起こし、登場人物は、平塚らいてう、辻潤、神近市子、大杉栄・・・である。舞台は、巣鴨、駒込、染井、中里、田端が多く登場する。 ...

続きを読む

平塚らいてう

ちょっと読む
Staff-Oh

「元始、女性は太陽であった。」と高らかに宣言をした平塚らいてうは、1886年(明治19年)2月10日、東京府東京市麹町区土手三番町(現在の東京都千代田区五番町)に3人姉妹の末娘、平塚明(ひらつかはる)として生まれた。実家の本駒込曙町時代...

続きを読む

辻潤(つじじゅん)

ちょっと読む
Staff-Oh

 ダダイストと呼ばれた辻潤は、著作の「ふれもすく」(※3)によると「少年の時分から染井が好き」であったことが記されている。また上野高等女学校の教員をやっていた頃は、「山の手線が出来始めた頃で、染井から僕は上野の桜木町まで通っていたのであ...

続きを読む