PAGE TOP

新着記事

蒔田鎗次郎(まいだそうじろう)

ちょっと読む
Staff-Oh

 1902(明治35)年1月、豊島線(現・山手線)が着工した。田端から駒込へ抜けるために田端道灌山(田端西台通り)が切り崩され、切通しがつくられた。それに先立つこと6年前、1896(明治29)年3月、蒔田鎗次郎は自宅の庭のゴミ捨て場の穴...

続きを読む

懐かしい歌を唄う会 入会のご案内

懐かしい歌を唄う会 入会のご案内

ちょっと読む
Staff-Oh

当会のメンバーである小林さんは、標記の「唄う会」を主宰されています。「唄う会」では、次の通り会員を募集中です。関心のある方はご連絡ください。<懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会 入会のご案内>☆この会は明治・大正・昭和時代に唄われた日本・世...

続きを読む

アクセスランキングのトップテン

ちょっと読む
Staff-Oh

 昨年(2017年3月)より第2期の滝野川探検隊のホームページをリニューアルオープンしました。この間、アクセスいただきありがとうございます。この1年間のアクセス数を調べたところ、2018年3月21日現在では、タイトル数が68件でアクセス...

続きを読む

瀧野川五大尊

ちょっと読む
Staff-Oh

昭和初期まで旧滝野川町地区にあった5大不動尊。中央大日大聖不動明王東方降三世夜叉明王西方大威徳夜叉明王南方軍茶利夜叉明王北方金剛夜叉明王滝野川町誌には、荒玉永道町村組合の項に以下のように書かれている。瀧野川も、ずつと逆つて今から二十五六...

続きを読む

江戸のうちとそと

ちょっと読む
Staff-Oh

 1818年以前の江戸は、行政機構のそれぞれの役割に応じて範囲が決まっており、次のようにいわゆる江戸の範囲は複雑に入り組んでいた。1. 町奉行が支配の対象とする江戸江戸の町人地に限定。町人地の発展とともに、外延へ拡大。2.寺社勧化場とし...

続きを読む

三河アララギ3月号 平成30年

三河アララギ3月号 平成30年

ちょっと読む
事務局

われら探検隊メンバー今泉さんより3月号をご紹介いただきました。その中に、千手観音菩薩をお題として、  千の手と千の眼をもたれゐる観音菩薩を彫りし仏師を  私の住みゐる地球の影にしてわずかわずかに欠ける満月歌われています。...

続きを読む

3月30日懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会

3月30日懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会

ちょっと読む
事務局

我ら滝野川探検隊メンバーの重鎮、小林夫妻企画のご案内をします。平成30年3月30日午後1時15分より、田端区民センターで、タイトルのように懐かしい歌をピアノ伴奏で唄う会が開催されます。お時間のある方は、下記に添付のチラシを参考の...

続きを読む

三河アララギ2月号、平成30年

三河アララギ2月号、平成30年

ちょっと読む
事務局

滝野川探検隊のメンバーである今泉さんは長年にわたり本冊子を編集、発行されています。最新号をご紹介頂きました。http://imaizumiyuri.jp/mikawa/back_no.html人は新しい出会い、発見すると、知りた...

続きを読む

王子に生まれて

王子に生まれて

ちょっと読む
Staff-Oh

標題は「王子に生まれて」副題は「初午、きつねの行列、飛鳥山花見、浮世絵の面影の残る街」です。著者は石鍋秀子さん。大正13年生まれで王子稲荷参道の葛餅屋さんの長女として生まれたそうです。子供の頃よりの何気ない日常を平易な文章でつづられてお...

続きを読む

縄文人の一生・西ヶ原貝塚

縄文人の一生・西ヶ原貝塚

ちょっと読む
事務局

平成29年10月24日ー12月10日の会期で、飛鳥山博物館にて 縄文人の一生-西ヶ原貝塚に生きた人々- と題して企画展が開催されています。無料ですので、是非ご見学下さい。滝野川の地元で連綿と営み続け、埋葬などの視点でも捉えられて...

続きを読む